レボルビング・ドロップ(ReD)式液滴観測技術

液体の表面張力は、基板コーティングや送液プロセスなどの制御において重要なファクターです。通常の表面張力測定法では、液滴形状を計測するため試料の自重と表面張力のバランスを一定にするため煩雑なパラメータ設定が必要です。

レボルビング・ドロップ法は、この試料の自重による影響を、遠心力を与えることで見かけ上重力加速度を変化させ液滴歪みをコントロールすることにより、ガラス、金属、プラスチックなどの表面張力を迅速かつ簡便に、従来法の100倍以上の精度で測定することができる技術です。

“見かけの重力を変える”という発想により、高表面張力液体(~水の数十倍程度)でも精度良く測定できます.
高温状態での測定を容易に行えます。高粘性液体の迅速測定が可能です

引用:東京大学生産技術研究所酒井(啓)研ウェブサイト

​測定開始後10分