ピコリットルアナライザー™  微小液滴着弾モニター
射出されたピコリットル液滴の基板上での濡れや浸透・蒸発などの過程をマイクロ秒の分解能で時系列観察することができるシステムです。​
PLA.jpg
pico 1 head model.png
ピコリットル イメージ.png
​2ヘッド化 → 二つの液滴を基板上に同時に射出着弾させて反応ダイナミクスや混合ダイナミクスも観察できるシステムもご提供可能となりました。​​
​1ヘッドによる液滴射出観測
​水 on  インクジェット用紙  画像
着弾直後 0us.jpg
着弾後 30us.jpg
着弾後200us.jpg
着弾後 1000us.jpg
​ 0 μs                     30 μs          200 μs                   1 ms
​液滴: 水 
基板: 
インクジェット用紙

    映像 (~4ms)
​液滴: 水 
基板: 
ガラス

    映像 (~4ms)
​液滴: 50mM SDS 
基板: インクジェット用紙   

    映像  (~4ms)
​液滴: 50mM SDS
​基板: 
ガラス 

    映像 (~5ms)
ピコリットルアナライザー™
 
 
※ 微小液滴の安定性を利用したストロボ撮影。あたかも1滴の液滴挙動をとらえているかのような観察像を
  取得できます。


※ 超高速度カメラと比較して、導入コストを大幅に抑えることができます。

※ 超高速度カメラでは必須の大光量が不要となり、試料の温度上昇や蒸発などの影響を受けません。

※ 多数の液滴の平均挙動を測定しているので、擾乱や汚染による偶発的な挙動を排除することができます。

※ 長時間の連続撮影が可能にもかかわらず、必要サンプル量は10μL以下と非常に微量です。

※ 射出する液滴と、射出される側の材料(基板)を自由に組み合わせた観察が可能です。
 (例:インクジェットインク&紙、化粧品&人工皮革、薬液&ゲル、バイオプリンティング&基板 など)

※ 射出機構や基板動作部の構成が非常にシンプルです。また射出用のノズルはディスポーザブルガラスノズ
​  ルを採用しているので低コストで多種類の液体試料に簡単に対応します。


※ 蒸発や浸透の遅い現象でも、1回のセッティングで充分な観察時間で観察できます。

​※ お客様のお手持ちのマイクロスコープを利用いただけます。

​※ 射出機構のみの販売も承ります。(下記参照)
射出機構 単体.JPG